ドローン関係法まとめ ドローンの仕事と求人・未経験OKで魅力の転職

ドローンは航空法の適用範囲内

航空法で規制され始めたドローン2015年12月10日に改正された航空法により、ドローンなどの無人航空機の扱いが法律によって規制されることになりました。本体の重量が200g未満の軽量なドローンを除く全て...

高さ150m未満で人から30m以上離すこと

高度と距離の条件2015年に改正された航空法により、150メートル以上の高度の空域は、200g以上のドローンの飛行禁止区域とされています。10万円台のドローンの場合、最大到達高度は2〜3kmにもなりま...

操縦者の目視範囲内でのみ飛行が許される

目視外飛行とはドローンは、操縦者が目視できる範囲でしか操縦することが許されていません。航空法132条の2項は、「当該無人航空機及びその周囲の状況を目視により常時監視して飛行させること」としています。ド...

人口密集地での飛行は禁止されている

人口密集地とは人口密集地はDID(DenselyInhabitedDistrict)と呼ばれることもあり、隣接する4,000人/km2以上の基本単位区において人口が5,000人以上となる地区のことを言...

お祭り・イベント上空での飛行は禁止

お祭りやイベント会場での飛行禁止の背景このイベント会場付近での飛行禁止の背景には、2017年11月4日に岐阜県のあるイベント会場で、ドローンが観客のいる場所へ落下してしまい、3名が軽傷を負うという事故...

夜間のドローン飛行は禁止されている

夜間飛行禁止されている理由夜間飛行は、目視が困難であるうえにより高度な空間把握能力が求められるため、基本的に承認なしでのドローン飛行が禁止されています。加えて、承認されたとしても一定の制限が課されるこ...

国土交通省の飛行申請許可が出ればOK

承認を得るために必要な条件国土交通省への申請や承認のハードルは高いものの、承認されてしまいさえすればドローンを自由に飛行させることができます。もっとも、“自由に”というのは承認された申請の範囲内での自...