ドローンの仕事と求人・未経験OKで魅力の転職

ドローン求人は急激に伸びている

ドローンとは

ドローンとは、ヘリコプターのようなラジコンとほぼ同じもので、操作しやすく安定して飛行して、カメラや小型の装置を搭載して飛ばせるため、近年非常に注目されています。

 

測量や空撮のために飛ばす場合は許可が必要

日本では大人数のいる場所やお祭り会場などではドローンを飛ばすのが禁止されていて、測量や空撮のために飛ばす場合は許可が必要になります。

 

飛行ルートをプログラムさせる

測量、計測を行う場合には人間の操作より、機械的に飛行ルートをプログラムさせて、機械的に飛行させながら計測したほうが良い場合もあります。

 

 

 

ドローンというのは、ヘリコプターのようなラジコンとほぼ同じもので、操作しやすく、安定して飛行してくれて、カメラや小型の装置を搭載して飛ばせるため、近年非常に注目されています。最も身近なのがカメラ付きのドローンで空撮を楽しむという方法で、自分の歩く後を追従させたり、南国の美しいビーチを空から撮影して素材にしたりするようなことも可能で、YouTubeでもその撮影の様子はすでにたくさん公開されています。このドローンは本体が数万円から数十万円し、スマートフォンなど専用のアプリで操作するため、基本的にお金さえかければ誰でも挑戦できるものです。

 

しかし、操作に少しコツが必要で、安定した飛行をさせるには練習が必要です。もちろん精密機器なので落下させると壊れてしまったり、海や川に落としてしまうと回収するのが難しく、飛行中人にぶつけて怪我をさせてしまう危険もあるため、ドローン専用の免許も民間資格として登場しています。日本では大人数のいる場所やお祭り会場などではドローンを飛ばすのが禁止されていて、測量や空撮のために飛ばす場合は許可が必要になります。その際の操作は免許を持っているプロが行う必要があり、ニーズが増えている中でドローンの免許取得者と求人も非常に多くなっています。

 

ドローン免許で仕事を増やそう

ドローンの仕事と求人|未経験OKで魅力の転職

ドローンの仕事は免許や資格を持っていなくてもできますが、免許、資格があったほうが求人へのアピールはしやすく、就職先や雇われた会社にとってもクライアントに有資格者がドローンを飛ばしていると宣伝できる方が仕事を請け負いやすいです。

 

また、測量、計測を行う場合には人間の操作より、機械的に飛行ルートをプログラムさせて、機械的に飛行させながら計測したほうが良い場合もあり、操作する能力を証明するスキルだけでなく、ドローンの飛行プログラムができるスキルが有るとより魅力的です。ドローン免許は基本と操作を学ぶだけのものが多いですが、飛行の仕方、プログラムでの管理ができれば仕事はフリーランスとしてであってもたくさんもらえるようになるでしょう。

 

そもそもドローンを持っている人が少なく、特に計測機器や撮影機器を載せて飛ばせるほどの出力が出るドローンの保有者が少ないので、大きめのドローンを持っていればそれだけ仕事も増えます。

 

ドローン本体とドローン免許があれば、これから急激に需要が伸びるドローン求人にもしっかり対応していけるでしょう。

 

ドローンの仕事は2020年に向けて人気急増

ドローンによる農薬散布

人の手でやると数時間かかるような農薬散布をドローンにやらせれば空の程よい高さから一気に農薬を散布できる。

 

ドローンを使用して撮影

観光地や長距離の動きのある撮影をする場合には、ドローンを使用して撮影したほうが迫力ある映像を撮影できます。

 

ドローン撮影独特の美しい絵を撮れる

空中から撮影すれば余計な障害物がないというメリットがありますので、ドローン撮影独特の美しい絵を撮れるでしょう。

 

ドローンの仕事と求人|未経験OKで魅力の転職

ドローンによる撮影、測定、ドローンによる人命救助や農薬散布など、ドローンがあれば解決する事象は非常に多く、特に人の手でやると数時間かかるような農薬散布をドローンにやらせれば空の程よい高さから一気に農薬を散布できるため、大規模農園も小規模農園もドローンでの散布をするのが一般的になっていくでしょう。この時に1kgから5kgほどの農薬を積載できる大きさのドローンを導入できると理想的で、操作する人は移動せずにドローンに散布作業を任せられて、農薬をまく人件費も大幅に削減できます。何より障害物がなく、まんべんなく散布できますので効率は良くなって、人件費は下げられるという魅力もあります。

 

また、工場内での検品や部分的な不良品チェック、工場での一連の工程のうちの一部分を撮影しながらチェックするというような作業もドローンに任せられるため、工場内でのちょっとした操作は人間の手を介さなくても良くなるでしょう。薬品散布や汚染された環境での撮影、人では届かない高所からの撮影などもドローンがあればできるようになるので、ドローンでの撮影ができるというだけでも十分そのスキルや能力は役立ちます。

 

空から撮影する動画配信も人気が高い

ドローンの仕事と求人|未経験OKで魅力の転職

観光地や長距離の動きのある撮影をする場合には、ドローンを使用して撮影したほうが迫力ある映像を撮影できます。南国のビーチなどを空から撮影する動画、山間部の紅葉や山頂付近の人の足ではいけない場所の撮影の他、木の上の方にある蕾の様子や病虫害の様子を確かめるのにもドローンが利用できるでしょう。

 

空から撮影できなかった時代には、人が高いところに登ってそこから手動でカメラを設置・撮影していたため危険もミスもありましたが、ドローンであればすぐに目的の高度まで飛行してテスト撮影も本番撮影も出きます。

 

空中から撮影すれば余計な障害物がないというメリットがありますので、ドローン撮影独特の美しい絵を撮れるでしょう。

 

また、GoProと呼ばれるカメラのように、小型で高画質で、ドローンと合わせると車の運転中の様子、バイクの運転中の様子を撮影者自身が運転に集中しながら、ドローンに勝手に撮影させるという方法が選べるようになります。動画撮影やプロモーション映像を作るときにはこの方法がとても役立つので、空撮技術が高まるドローン操作は身につけておいて損がないものです。この空撮は結婚式のような記念日にも役立ち、結婚式、披露宴など特別な瞬間をドローンで、まるで映画のように撮影できますので需要は測定や空撮だけではなく、想像以上に広いニーズがあります。

 

小型ドローンから操作に慣れよう

ドローンの仕事と求人|未経験OKで魅力の転職

ドローン技術を高めるには、最初は壊れてもそこまで懐に影響がない小型の3000円から10000円程度のドローンから挑戦すると良いでしょう。小型ドローンは一度に飛ばせる時間が短く、室内でも練習できるので練習にはぴったりです。

 

ドローンのブレードカバーがついていて、人にぶつかりそうになっても、室内の壁にぶつかってもそこまでドローンにも、壁にも影響がないのも小型ドローンに共通するメリットです。そのかわり、操作は少し繊細で、ちょっとの操作ミスでも思わぬ方向に飛んでいってしまう可能性があり、微調整が難しいです。それでも、過去数年前、数十年前のラジコンやドローン初期の頃に比べると、パーツや科学技術の発展でかなり繊細な動きに対応するようになっていますので、スマートフォンアプリ、iPhone専用アプリなどから操作はできるでしょう。

 

小型ドローンは、購入しやすくて、壊れたとしてもすぐに交換できるというのが魅力です。練習にはぴったりですが、大きいものを運んだり、広い屋外で飛ばすにはパワー不足ですので、気をつけましょう。小型ドローンだと、強風に負けてそのまま流されていってしまう可能性もあり、無線の送受信範囲から出てしまうとそれ以上操作できなくなるため、室内で練習する目的でないと紛失や事故の可能性もあります。

 

中型ドローンは5万円未満で購入できる

ドローンの仕事と求人|未経験OKで魅力の転職

30cmから50cmほどの大きさのドローンは中型のドローンとして認識されており、ドローンには更にこれよりも大きなものも存在しますが、50cmサイズのドローンは市販されていて、一般人が購入できるものの中でもかなり大きいものです。

 

30cmくらいの横幅があるドローンは5万円から10万円ほどの金額で購入可能で、海外通販などを利用すると後付のパーツやカメラなどを含めても10万円未満でかなり良い性能のものを入手できます。Phantom2のような中型で8万円ほどするマルチコプターでも空撮が可能ですが、そこまでのスペックを求めないならばただ飛ばすだけ、元々本体にカメラが内蔵されていて、画質がそこそこのものを選べば5万円未満でも中型サイズのドローンを入手できます。

 

このサイズのドローンになるとバッテリーも大きく、飛行可能時間も伸びますが、ブレードの風をきる音がどうしてもかなり大きくなってうるさくなります。

 

この大きいドローンも無線で指示を出して飛ばすものなので、東京都内のように無線が密集して飛び交っているような場所では、操作性が悪くて思わぬ方向に飛んでいってしまう可能性もあります。万が一落下して人にぶつかったり、他人の家の窓を割ったりすれば大怪我もしますし、近隣トラブルにもなりますので確実に広い場所で練習する必要があります。

 

観光地や長距離の動きのある撮影をする場合には、ドローンを使用して撮影したほうが迫力ある映像を撮影できます。

要点を紹介するキャラクター

 

スカイエージェント詳細求人情報まとめ

ドローン求人にいち早く目をつけて転職や就職サポートをしているのが、ドローン求人専門のスカイエージェントというサービスです。このサービスを頼れば、ドローンの仕事を見つけやすくなりますので、興味がある方は是非頼ってみてください。

 

 

日本初ドローン求人サイト

スカイエージェントはドローンの求人情報を日本で初めてまとめたサービスで、既に非常に多くの求人、マッチング、転職や就職希望者が集まっています。ドローンのスキルがある方、ドローンの本体を持っている方でも求人に応募できるため、お小遣い稼ぎやちょっとした趣味の延長としても仕事ができるでしょう。

 

ドローンを飛ばすだけではなく、測定、測量が必要な場合は調整やドローン本体のプログラムの変更をしないといけない可能性もありますが、性能の良いドローンを持つだけ持っていて、使わないままになるよりは良いでしょう。ドローンだけでも仕事をしていけるような環境は整っていますので、チャレンジしてみる価値は十分あります。

 
 

2020年には1兆円市場になるかも?!

スカイエージェントでは2020年にはドローン関連市場の規模が1兆円を超えると予測されています。2018年現在では、まだ空撮や測定ばかりにしか利用されていませんが、災害救助、農薬散布、地形分析など行政やより大規模な環境でのドローン導入が始まるとその規模は全国区で考えれば1兆円を超える勢いがあるのは間違いないでしょう。

 

農薬散布などを行う場合はそれなりの大きさのドローンを持っていないといけない可能性がありますが、今のうちから専用のドローンをパーツから自作していっても良く、高価なドローンを一台購入して利用目的に合わせて、パーツを組み替えられるように3Dプリンターなども活用して、オリジナルドローンを設計・製造してもよいでしょう。

 

ドローンのカスタマイズや目的ごとに利用方法を変えられるようなプログラムの開発も今後盛んになりますので、その規模はますます大きくなるでしょう。

 
 

空撮の仕事は需要が急激に増えている

空撮は、動画撮影や空からの写真撮影をするためのもので、単純に思い出を撮影するための目的であったり、YouTubeにビジネス目的で動画投稿するためであったりするため、需要はどんどん増えています。特に結婚式のようなイベント、大人数が集まるときの記念写真、BBQの記念撮影や動画撮影、プロモーション撮影でもドローンが簡単に利用できますので、単発の空撮の仕事としても依頼はかなり多くなります。

 

撮影をしたい瞬間が1回から2回しかない場合に、数万円するドローンとGoProを購入していると余計な出費と手間がかかって無駄が多くなってしまいます。そのため、ドローン空撮ができるドローン免許も持っている方が代行してくれればそれでビジネス成立するという形になります。空撮の仕事は需要はどんどん増えていて、動画撮影が仕事になっている人は個人でドローンを所有して撮影代行をする方もいますので、ドローン求人に興味がある方、ドローンの仕事に携わりたい方は、まずはドローンを所有して操作するところから始めるのが一番でしょう。

 
 

測量や計測の仕事も大人気

ドローンでは、一定の区間を素早く測定するという仕事も任されることがあります。鉱山のような大穴、池や湖の直径を測定する時に、一定の速さでどのくらいの距離進めるのかデータが取れていれば、大まかな測定が可能になります。また、長いロープを対岸まで引っ張って飛ばしてもらうのにもドローンがあれば簡単です。ボートや船を浮かべなくても対岸まで一直線に線を引けて、大きい穴や洞窟の穴の反対側にいくのにもドローンならば行って、帰ってくるのが簡単で長さの測定も簡単です。

 

また、高低差があるモノの長さを図るのにも適していて、鉄塔や灯台、お寺や神社のような人が直接登って測定するのが難しい事情がある建物でも、ドローンを使用すれば難なくその高さを計測できます。レーザーなどで測定することもできますが、途中橋渡しにしたいような場合にはドローンがあると非常に便利です。

 

 

公式ページはこちら

クチコミ情報

ラジコンより簡単に飛ばせるドローン

最新式のドローンを所有しているのですが、もともとラジコンが好きでこれまでの操作性の発展は身にしみてよく理解しています。最初はスティックで操作していたのですが、今はスマートフォンの画面にドローン搭載カメラの様子が移りながら、スマートフォンの画面を指で触って操作するだけになっていて、まさに近未来の技術になっています。

 

数時間も練習すればすぐに思い通りに飛ばせるようになるので、もはやドローン操作に障壁はないと言っても良いでしょう。

 

趣味のドローン動画撮影が仕事にできた

趣味で動画を撮影して編集するのですが、ドローンの撮影をしている人のを見て、感動したため、海外から撮影用のドローンを入手して自分で撮影してみました。海面から2mの高さを海に平行に飛行させて、海の中を覗き込むようにカメラの向きを調整してゆっくり飛ばして撮影したときはまるでハリウッド映画に出てくるようなオープニングにそっくりな動画を撮影できました。

 

個人的にはどっぷりハマっていたドローン撮影の仕事が回ってきて驚きですが、趣味が仕事になるとはこういうことなのでしょう。自分では稼ぐ気がなかったのですが、今は、趣味と実益を兼ねてドローン撮影を仕事にして楽しんでいます。