小型ドローン本体は10万円未満で購入可能 ドローンの仕事と求人・未経験OKで魅力の転職

小型ドローン本体は10万円未満で購入可能

10万円前後のドローンとは

小型ドローン本体は10万円未満で購入可能

10万円前後のドローンは全くの初心者向けではないものの、産業用のドローンと比べると家庭でも導入しやすい小型のタイプであると言えます。1万円程度のトイドローンとは違い、より高高度で遠距離で安定した飛行が可能になり、プロ顔負けの映像や写真の撮影もできます。

 

本格的に楽しめるドローンがこの価格帯のドローンで、カメラを搭載しているものがほとんどです。4KやフルHDでの動画撮影機能を搭載しており、撮影可能範囲も2キロ程度に及ぶものが多く見られます。バッテリーの限界により、駆動時間は長くて20分程度であるものの、Wi-Fiや無線を利用した安定した遠隔操作や、アップルやアンドロイドなどのアプリ開発による更なる利便性の向上など、10万円という価格帯を活かした充実た装備も特徴です。操縦技術はそれなりの経験や熟練度が求められますが、搭載しているセンサーやGPS機能も強力なため、よほど高度な内容の飛行でなければある程度経験を重ねるだけで扱えるようになるでしょう。

 

ファントム3 スタンダード

ドローン業界で世界の最先端を行くDJI社が送りだす「ファントム3 スタンダード」は、10万円以下で買える空撮用ドローンのベストでしょう。完全に自動でホバリングできる操縦サポートシステムがあり、機体もそれなりに大きいため風が吹いてもある程度安定して飛行することが可能です。事前に高度と距離を設定しておくことで、その制限範囲内で飛行を止めることもでき、高度150メートル以内という航空法を遵守することも容易になるでしょう。最大25分のフライトが可能で、これは10万円クラスのドローンの中では最長の部類に入ります。

 

カメラの性能もこの価格帯では最強クラスにあり、1200万画素カメラによるフルHD動画の撮影が可能です。3軸ジンバルと呼ばれるジャイロ機能により、ドローン本体の振動や風などによる動きにもしっかりと対応できます。

 

マーヴィック プロ

同じDJI社のよりコンパクトな機体である「マーヴィック プロ」も、いまやファントムを凌ぐ勢いでシェアを拡大しています。初心者向けのトイドローンからステップアップしたい方におすすめの機体で、ファントムに準ずる1200万画素のカメラや一部4K動画に対応している機種もあり、パノラマ写真やスローモーション動画なども撮影できます。定価は10万円を超えるものの、量販店のセールなので10万円を切ることがあり、その性能を考えると非常にコストパフォーマンスの高いドローンとなっています。