ドローン業務(SOHO)は年収400万円も可能 ドローンの仕事と求人・未経験OKで魅力の転職

ドローン業務(SOHO)は年収400万円も可能

SOHOとドローン

ドローン業務(SOHO)は年収400万円も可能

SOHOとは「SmallOfficeHomeOffice」の略称で、自宅や小さな事務所でありながら、パソコンとインターネットを通じて仕事を行うことを指しています。ドローン業界においてSOHOを行うには、システムの開発や設計図の開発などをパソコンで行うことが想定されます。

 

ドローン操縦士の平均年収は400万円ほどと言われていますが、SOHOにより自宅でパソコンを使用したドローンの開発や検証などの業務でも、それに相当する年収を稼ぐことが可能なようです。求人サイトを見てみると、ドローンの開発業務に関する求人が意外なほど多くあることがわかりますが、その中でもSOHOに対応した求人もあり、月収は20万円から30万円、多い所で40万円程度となっています。

 

より高度な開発プログラムや設計を行うにはプログラミング言語の専門知識が求められますが、究極的に専門的な知識がなかったとしても、一部の業務を自宅で行ったり独立して受注することで、年収400万円を狙うことはそれほど不可能なことではありません。

 

ドローン開発現場で実現し得るSOHO

ドローンの需要拡大はほぼ確実と見込まれています。特に建設現場やインフラ整備の現場において、従来の作業員を用いた作業よりもはるかに安全性や効率を向上させることができるため、今後はドローンの性能や安全性の向上によって、業務形態が一変する可能性を秘めています。そのために必要なのは、より高度に洗練された安全性を確立するシステムであり、そのシステム開発ができる人材が必要となっています。

 

日本ではそれほど“飛び級”のような学習システムは確立されていないものの、独学でドローンに必要な、高度な電子工学や空力学の知識を身に付けることが出来れば、自宅で仕事を行える環境さえ整っていればいつでもどこでも仕事を行うことが可能になるでしょう。フリーランスとして働くにはまだまだ規模が小さいドローンの業界ですが、今後の発展に伴ってSOHOで収入を得られるような開発や業務の分野も増えていくものと期待されています。業務形態が社会全体で変わりつつある今、ドローンの開発や設計においても、自宅にいながら仕事として成り立たせることが可能になるかもしれません。

 

まとめ

ドローンが可能にしたのは、往来の作業内容を遠隔操作によって行えることです。これが意味するのは、インターネット環境さえなれば業務が可能であるということであり、将来的には自宅にいながらドローンを管理する様々な業務を行えることが想定されます。